FPあかまつたすく的blog

PTAの会長に始まり長く子どもたちの育成活動に携わってきている中で気づいたこと…。
社会の変化の中で、子どもたちは確かに少しは変わったけれど本質は素直なままで変わっていないということ。
子どもは親の背中を「見て」育つのではなく、親の「ように」育つのです。今こそ、親が変わらなければ…、今こそ大人が成長しなければ…。さぁ、私たち大人一人ひとりが成長を。
<< 虎穴に入らずんば虎子を得ず | main | どんどや >>
大分から帰途
1月9日
早朝より、小学校へ集合し、城南町緑川沿いへ移動してどんどやの竹伐り。
小学校のPTAの方々、そして消防団のみなさんの総勢6〜70人でしょうか…。
チェーンソーで足腰やら上腕がボロボロです。(+o+)
再び校区の白川河川敷へ戻り、竹を下して終了です。


そして一旦帰宅のシャワーを浴びてからすぐに車で4時間ロングドライブです。

仕事で大分県杵築市です。

幸い雪は大丈夫なようで、ミルクロード経由九重の峠を越え湯布院から別府〜国東方面です。
夕方暗くなり始めたので
さすがに湯布院ICで高速に乗りました。

現地へ到着が19時頃、
ナビが完全には誘導出来ない程の田舎なので「座標」ってな感じで近くではあることを電話で告げながらの誘導をして貰う。

仕事の方は1時間半ほどで終わりましたが、

それから熊本へ戻る気力なんて無いので夜間30分ほど移動して別府に戻りです。
ビジネスホテルをじゃらんで予約しておいたが、こういう世間は連休になるときには普通に予約は出来なくて、全くどこも空いてないのでしたが、さすがはじゃらん!。
じゃらんの枠が結構空いてるのです。

マッサージを呼んでからすぐにzzzzと行きたいところではあるが、

にんげん、疲れすぎると以外に体が興奮するのか頭が興奮するのか仲々寝付けないのでした。

幸い11時チェックアウトで助かります。
 
翌日はゆっくりと別府から湯布院へ登り、アチコチで景色を見ながら帰って来ました。

もうすぐ熊本の長者原からは、九重の山の雪が…



登れるかな?ノーマルタイヤで…

ここの山道は道路公団が雪を除雪してあるので大丈夫です。

ただいまぁ くたくたです。

あぁ、
明日はどんどやかぁ
| 仕事 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tasu9.com/trackback/895655
トラックバック
カウンターカウンター
プロフィール
SELECTED ENTRIES
新着コメント
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
新着トラックバック
MOBILE
qrcode