FPあかまつたすく的blog

PTAの会長に始まり長く子どもたちの育成活動に携わってきている中で気づいたこと…。
社会の変化の中で、子どもたちは確かに少しは変わったけれど本質は素直なままで変わっていないということ。
子どもは親の背中を「見て」育つのではなく、親の「ように」育つのです。今こそ、親が変わらなければ…、今こそ大人が成長しなければ…。さぁ、私たち大人一人ひとりが成長を。
<< 何で発売中止? | main | 嬉しいメールがありました >>
新熊本市
熊本市と富合町が昨日正式に合併し、新熊本市となり人口約67万8千人となりました。
市民会館での記念式典なども催され、これをはずみに政令指定都市に一刻も早く到達して欲しいものです。

合併法定協議会へ移行した

益城町城南町

益城町が合併となれば3万人超を擁しているので、それで決まり…

友人もいる城南町にも是非とも出来れば仲間入りして欲しいものです。

しかし、動きとしては一番早かった城南町は、議会が拮抗していて、解散請求にまで発展しているほど町が真っ二つ状態です。
どうなることやら…

熊本県全体のことを考えれば絶対に熊本市が政令市にならねば、
鹿児島にも負け、
遂には熊本市の発展が衰退し、それは周辺町村の発展も無くなるっていうことですので、町議会議員さんには、もっとボランティア的な考え方に徹して大きな心で考え判断して欲しいものですね。

それにしても、
一旦は法定協移行が否決されていたのに、
益城町の可決・法定協移行の翌日に再び可決になるんですから…
あの夜…
城南町の議員さんのあいだではそりゃぁ色々なことがあったんでしょうなぁ。
再可決も議長裁決で少数が賛成に回ったのですから、

「益城の可決を受けて、乗り遅れて益城が先に合併にってことにでもなった日にゃあ、途端に城南町には不利な合併になってしまうばい!」
ってな、

それこそ人口要件70万人での綱引きの数合わせの論理になって、慌てた部分があったんだろうなあ。

とにもかくにも、
元から熊本市民の我々には、数合わせだろうが何だろうが…
っていうか、実際のところ数合わせなんですよね^^;
ぶっちゃけどこでもいいからひっついて下さいましぃ。

| より良い地域へ〜地方行政・政治〜 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.tasu9.com/trackback/770806
トラックバック
カウンターカウンター
プロフィール
SELECTED ENTRIES
新着コメント
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
新着トラックバック
MOBILE
qrcode