FPあかまつたすく的blog

PTAの会長に始まり長く子どもたちの育成活動に携わってきている中で気づいたこと…。
社会の変化の中で、子どもたちは確かに少しは変わったけれど本質は素直なままで変わっていないということ。
子どもは親の背中を「見て」育つのではなく、親の「ように」育つのです。今こそ、親が変わらなければ…、今こそ大人が成長しなければ…。さぁ、私たち大人一人ひとりが成長を。
<< 今夜は住んでる町内自治会の新年会 | main | 昨日は地元繁栄会の新年会 >>
満月には事故が多い?
風見しんごさんのご長女「えみる」チャンが登校途中に突然の交通事故死となり、ご両親が崩れ落ちるように号泣されていた…ということでした。

事故はプロ野球オリックスの投手による無免許ひき逃げや、
この熊本でも、新聞で無免許での事故や若い世代の運転手のひき逃げ…などと、相変わらず無くなりませんし、
きっと恒久的に無くなることは有り得ないのでしょうね。

只、事故に遭わないように身を守る…というのが最も交通安全なのでしょう。
えみるチャンの事故は、歩行者青信号で、車の方も青信号での右折時ということですが、どこにでもある交差点です。
イギリスでは、分離式信号と言い、
歩行者が何よりも優先されていて、歩行者側の信号が青の場合、
車側の信号は絶対に青にはならないようになっているそうです。
(つまり、車側は、待ち時間が長くなるということですが…)

子供たちにも、青だからと言っても、一旦周りを確認してから渡る
ということを教えないといけないですね。

ところで、

交通事故と言えば、

ここからは、私の仕事の一つである「保険」のお話しですが、
満月の日には事故が多いそうなんです。

今日18日は1ヶ月の内で最も月が欠けている日ですが、

月というのは、太陽の光に反射して地球上で白く輝いて見えますネ。
反射光が見えない月が新月で、
3日後に三日月が見え、7日後に半月(上弦の月)、
14日後に満月なって、そこから次第に欠けていき、
半月(下弦の月)、29日後には新月に戻るそうです。

私たち地球上すべてのものは、月の引力の影響を受けているのは、
誰もが知る事ですが、

皆さんもテレビでみたことありませんか?

「満月にアオウミガメが産卵するシーン。」
「あるいは満月か新月に産卵して青い海をピンク色に染める珊瑚の様子。」
「カタツムリは満月に東に進んで、新月に西に進む」のだそうですよ。
「人間の赤ちゃんも満月の日に出来やすい?」とか?

本当に不思議です…。

そして、月の引力の影響を最も受けやすいのがです。

よく知られているのは、
月の引力によって海が満ち引きする事でしょうか…、

月が真上にある時には、海水が引力に引き上げられて盛り
上がり、反対側の海では引力が弱いため取り残される。

では…
体の80%が水分である私たち人間の体にも何か影響がある?のでしょうか?
また、事故との影響は?


人間の体の水分も月に引っ張られると、
精神的な緊張が高まる・精神を高揚させるという説があるそうです。
そうなると、ついスピードを出しすぎたり、無茶な運転をしてしまい、
事故が多くなるのだそうなんです。


交通事故は、満月と新月には神経が興奮状態になり、攻撃的にな
るため「暴走型」の重大事故が、
上弦と下弦の月には精神的にゆるんで注意力散漫のボーっとした状態になり「うっかり型」事故が多くなるのだそうです。

これには一方で、
何の根拠もないと反論している方もいらっしゃいます。
皆さんは信じますか?
私は、こういう話はつい信じてしまいます^^;


いずれにしても、月の満ち欠けを意識して、
「今日は満月だから、運転には特に注意しよう!」と気付けたら…、
事故も少なくなるかも?信じてみるのもいいかもしれません。

月のカレンダーを参考に満月の夜には特にお気をつけください。
(次の満月は2月4日です。)


| ちょっと得する豆知識 | 22:33 | comments(0) | - | ↑TOP -
コメントする









カウンターカウンター
プロフィール
SELECTED ENTRIES
新着コメント
CATEGORIES
LINKS
ARCHIVES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
新着トラックバック
MOBILE
qrcode